よくある質問

落ち着きがない3才の子供ですが、ピアノレッスンはできますか?

はい、大丈夫ですよ。
3才に限らず、落ち着かない子もいれば落ち着いている子もいます。
ご自宅の環境と違いますので、テンションが上がってはしゃいでしまうのも無理ないと思います。

発達の機能には早い部分と遅い部分がありますので、「落ち着き」ということも年齢によって、また、生活環境等によって個人差が出ます。
「落ち着きがない」ことは気にせず、レッスンで教わったことをご自宅でも親子で楽しみ、お子様には愛情を沢山注いでほしいと願います。
幼児期は、親子のコミュニケーション次第で豊かな感情表現ができる子になるか否かの大切なときです。
情緒面において良いとはいえませんので、幼児期の厳しいレッスンは行っていません。

3才に限らず、幼児はピアノよりリズム中心のレッスンになります。

練習する楽器が電子ピアノですが、良いでしょうか?

習う方の年齢やレッスンを受ける目的によって違ってきます。
幼児は指の骨がまだしっかりとしていないので電子ピアノでも良いと思いますが、そのまま使い続けると指の筋肉は発達しないままで、ピアノで練習をしているお子様と明らかに差が出てきます。早い場合、同時期にレッスンを初めても小学校1、2年生で差が出ます。

ピアノで練習をしていると指に筋力が付きますので、強弱など鍵盤のコントロールが容易くなります。レッスンで習ったことを自宅でも同じように弾くことができるわけですから、お子様は「ピアノが楽しい」と思うようになります。

ピアノは力を入れて弾くものではありません。弱い音にはなりますが、幼児でも正しい指の使い方でピアノを弾けばきちんと弾けます。

話は変わりますが、ピアノの音はリラックスする脳波(α波)を出します。
ピアノを弾いていて心地良いと感じたり、眠くなったりするのはそのせいかもしれません。

住宅環境によりピアノの設置が禁じられている場合は仕方ありませんが、本物のピアノを用意してあげるのが一番良いでしょう。調律師には、幼児が弾きやすい鍵盤の重さに調整していただきましょう。
キーボードは鍵盤の幅がピアノに比べて狭いので、ピアノを弾くときに感覚がつかめず違う音を弾いてしまうことがありますので避けましょう。

発表会は強制でしょうか?

強制ではありませんが、どちらにしようか迷われている場合は一度チャレンジしてみませんか?

毎年夏に行っていました「サマーコンサート」は今年度を以て終了させていただきました。風変わりな発表会で楽しい夏祭りでしたが、今度はまた別の形で発表できる場が設けられれば良いなと思っています。

ムジカファームの発表会は楽しく過ごす、演奏はしなくても遊びにおいで感覚でした。が、沢山の人がいるのは苦手、弾くのが怖い、ドキドキ感が異常に高い、ザワザワした場所が苦手、じっとしていられない等の生徒が増えてきました。

発表会はレッスンをしている以上ついてくるものだと考える方もいらっしゃると思いますが、今は成長過程で色々な悩みを抱えたお子様、ご父兄の方がみえます。
ですから、今後についての発表会は違う形で、生徒、ご父兄に負担のない、今まで以上に気が楽に参加できるものをと思っています。それまでは他の教室との合同発表会に参加していただく形になります。私は、緊張からくる過度のストレスで数年前にパニック障害にかかりましたので、楽しく過ごせる気楽な発表会ができればとこの先も考えています。

 

ロマンティックプリンセス
ロマンティックプリンセス
ロマンティックプリンセス

ご案内

トップページ

コースのご案内

入会のご案内

よくある質問

生徒様の声

教室概要

お問い合わせ

投稿

レッスン日(緑)

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28  

友だち追加


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』